CONICホームページへ!!
Home 金型情報 機械情報 会社情報 最新情報 サイトマップ お問合せ

 ●タレパン用語集 (た行)
 ダイ切刃

 ダイの切刃仕様には下記の種類があります。

スラグキャッチャー
(SC)
オールテーパー ストレート切刃
テーパー逃し
ストレート切刃
ストレート逃し

  ※テクニカルガイド(2−3)参照

 ダイス鋼

 一般的な金型用材料。 ダイス鋼の「ダイス」とは、金型(特に雌型)を意味します。
 JISでは合金工具鋼と呼ばれ、代表的なものに「SKD-11」があります。


  ※テクニカルガイド(1−3)参照

 ダボ出し

 ワークに球状の突起を付ける加工。

 <用途> 位置決め、外板の張り紙防止。


  ※テクニカルガイド(3−8)参照




 多本針金型

 丸、角、異形形状の穴を2ヶ所以上同時にあける金型。

 直角曲げ(切起し)

 ワークを直角に切り曲げする加工。

 <用途> 位置決め、ストッパー等。

  ※テクニカルガイド(3−13)参照




 デートマーク刻印型

 プラスチック成形型や鋳造型、ダイキャスト型ではロット管理に不可欠なデートマークを板金部品に刻印する金型。

  ※テクニカルガイド(3−17)参照

 デポジトロン処理(D処理)

 ダイ刃先の側面に超硬皮膜を電気溶着してカス上りを防ぎます。

  ※テクニカルガイド(2−3)参照




Copyright(C) CONIC All Rights Reserved.